ホテルで決まる!かもしれないセブ旅行滞在スタイル

ホテルで決まる!かもしれないセブ旅行滞在スタイル

この度、フィリピン航空様およびかもめ&アールスドリーム様のファムツアーへご招待頂きフィリピン・セブ島3泊4日の研修旅行へ参加して参りました。

実質2日間のとても忙しい旅でしたが、7月1日よりオープンしましたセブ空港国際線専用第二ターミナルとたくさんのホテルの見学をしてきました。
セブ島でどのように過ごすか決める際、ホテルはとっても重要な要素になると実感した今回の旅行でした。皆様の参考になれば幸いです。


今回宿泊したプランテーションベイの海水プール

<行程>
1日目:関西空港→セブ・マクタン島
2日目:市内観光およびホテルインスペクション
3日目:アイランドホッピング、空港視察およびホテルインスペクション
4日目:セブ・マクタン島→関西空港

今回、現地で3泊ありましたが3泊とも別のホテルに宿泊しました。
1日目はセブシティにある「メッゾホテル」


メッゾホテル ロビー

シンプルなホテルですが、清潔感があり過ごしやすかったです。
アヤラモールへも徒歩で15分ほど。


宿泊したお部屋のデラックススイート

シャワーとバスタブもありました。

2日目はマクタン島にある「プランテーションベイ」

プランテーションベイ ロビー

ホテルの中心にある海水プールの存在感が絶大。ほとんどのお部屋がこのプールを取り囲むようにして建っているのでバルコニーからの眺めがとても綺麗かつ、そのままプールへ入れるお部屋もあります。


海水プール


宿泊したお部屋のラグーンビュールーム

ゲームセンターやテニス、ゴルフ、アーチェリーなど遊びの種類はたくさん。
スパにあるサウナやジャグジーは無料で楽しめます。
建物の名前にはキリマンジャロやフィジー、エドなど統一感のない不思議な名前が並びますがそれぞれの頭文字がAからZになっている遊び心あるホテルです。

3日目はセブシティにある「ウォーターフロントセブシティ」


ウォーターフロントセブシティ ロビー前のカフェバー

中世のお城をイメージした豪華な外観と24時間営業のカジノが有名。
カジノは特にドレスコードもなく、IDを提示する必要があることもございますが簡単に入れます。
カジノがホテル内にある上、宿泊客以外も利用できるとなるとホテルは落ち着かない感じなのかなと思ったりもしましたが、全く影響なく落ち着いた静かなホテルでした。


宿泊したお部屋のスーペリアルーム

こちらもアヤラモールまでは徒歩15分ほど。

では、前置きが長くなりましたが2日目・3日目のお話に移ります。
2日目のスタートはセブ市内観光から。20分ほどの超弾丸観光!でしたがマゼランクロスとサントニーニョ教会へ行きました。
日曜日でしたのでサントニーニョ教会は特にかなりの人の数でゆっくり見れませんでしたが、立派な教会でした。機会があれば天井画などゆっくり見てみたいです。


サントニーニョ教会


サントニーニョ=幼きイエスキリスト像

このサントニーニョ像を拝む為、何時間もの列が出来ていました。

観光後、ホテルインスペクション。
セブシティ「ラディソンブル」


ロビー


レストラン


エグゼクティブスイート


スーペリア

どのお部屋もスピーカーになる時計や、ネスカフェの機械が置いてありハイテクな設備でした。
ラディソンブルからはSMシティモールへつながる屋根のある通路があり徒歩30秒ほど。
とっても大きなモールなのでショッピング好きにはかなり便利な立地です。

次はマクタン島へ移動し、「コスタベラ」
南国の雰囲気あふれるリゾートです。プライベートビーチからは夕陽が綺麗に見えるみたいです。
海は遠浅で、お子様でも半身でてしまうくらいの浅さでした。


プライベートビーチ


プレミアムデラックスルーム


シービューでなくても眺めはとっても綺麗。


シーフロントスイート

バルコニーからはばっちりプライベートビーチが見えます。


スーペリアルーム


バー


ビリヤードがあったり、カゴの中にあるソファがあったりオシャレ。

同じくマクタン島にある「クリムゾン」


圧倒的インパクトを誇るプール

プライベートビーチに垂直にプールが伸びているので、ビーチを眺めながらプールに入っている人がほとんどでした。


デラックスルーム

ビラのお部屋は満室で見ることができませんでしたが、緑溢れるとても静かなエリアにプライベートプールがあり、とてもゆっくりできそうな雰囲気でした。

2日目最後にマクタン島の「Jパークアイランド」

これまで見学してきたマクタン島内のホテルのイメージは、滞在中はホテル内だけで過ごすことになるのだろうなあ~という印象でしたが、Jパークアイランドはそれも可能ですが、外に遊びに行くのも可能!という立地でした。
気軽にちょっとホテルの外も散歩したいという方におすすめです。

また、なんといってもお子様連れのファミリーにおすすめです!!
流れるプールなど多種類のプールに加え、ウォータースライダーがあります。


水深1mほどのプール。奥にはもうすぐ工事終了予定のキッズプールも。


プライベートビーチには珊瑚を削って造ってないことから魚も見られるそう。


デラックスルーム


マクタンスイート

フロアにもよりますが、お子様が転んでも危なくないようお部屋だけでなく廊下からカーペットの床が広がっています。

3日目の始まりはアイランドホッピングから。
え、これを渡るの?!というハシゴを渡ってボートに乗りいざ出発!!


不安定さ満点!


アイランドホッピングのボート

ボートに乗り込み40分ほど、着いた先は「ナルスアン島」


ながーい桟橋がトレードマーク。

桟橋付近には魚がたくさんいるようで、餌を投げるとこの通り!

少し島に滞在したあと、次の目的地へ。
しかし、風が強く海が荒れ始めた為、なぜか動かなくなっていたボートを1隻救出して
水しぶきを猛烈にくらいながら「ヒルトゥガン島」へ

こちらの島ではバーベキューランチを食べて、周辺でシュノーケリング。


バーベキューランチ。写真映えを狙って集められたビール達。

シュノーケリング後はいよいよセブ空港第二ターミナルインスペクション。

7月1日に第二ターミナルを国際線ターミナルとしてオープンしたもののまだまだ建設途中。
屋根のガラスが暑さでヒビが入って既に修理しているなど、
面白いなあ~と思いつつ、見学スタート。

第二ターミナル施設内へ入る際、Eチケットとパスポートがなければ入れません。
意外?と厳しくチェックが行われています。

中に入ると気温的な涼しさとともに視覚的な涼しさがあります。
ラタンを利用したチェックインカウンターのデザインや、松の木を利用した柱などとても綺麗です。


フィリピンの方は木製の家具が好きだから。このようなデザインになったとか。

入国審査前にこれまで同様、出国税を850ペソ支払う必要がありますが
新ターミナルになったことでクレジットカード(VISAのみ)が利用できるようになりました。

他にも到着ゲート、出発ゲート、ショップなどを見学させて頂き
見学ツアーの最後に予想外のバーガーキングでのご飯をプレゼントして頂きました。

空港見学後、この旅最後にインスペクションしたホテルとしてセブシティの「マルコポーロプラザ」

ロビー赤と黒を基調としたデザインからかとても高級感溢れるホテルでした。
夜にはロビー横のカフェバーでピアノ演奏があり、さらに高級感ある雰囲気が増します。


デラックスルーム


ジュニアスイート

スイート滞在の方は専用のラウンジを利用することができ、軽食やカクテルをお召し上がり頂けます。

また、マルコポーロプラザでとても有名かつ人気なのが「MANGO BANGO」
前菜・スープ・パスタ・メイン・デザートまですべてマンゴーを使った予約必須のコース料理です。


MANGO BANGO コース料理

すべての料理にマンゴーを使っているようですが、全部が全部THEマンゴー!という感じではなく、とても美味しいコース料理でした。
この直前にバーガーキングさえ食べなければ・・・と思いながらフードファイトばりに必死に味わったファムツアーメンバーでした(笑)

以上、3泊4日のセブ島ファムツアーでした。
改めて、この度招待してくださったフィリピン航空様、かもめ&アールスドリーム様、ご一緒に旅行してくださった皆様、ありがとうございました。


これを使う人がいるのか・・・?とても気になったお土産。

おすすめ度
アイランドホッピング★★★★☆
マクタン島から離れてさらに綺麗な海を探検!魚にもたくさん出会えて海にも入れて爽快!

プランテーションベイ★★★★★
ホテルのサービスと施設の充実具合で飽きずに過ごせること間違いなし。是非またゆっくり滞在したいホテル。

MANGO BANGOコース料理★★★★☆
もう一度、是非ハラペコの状態でいただきたい。マンゴーが特別好きでなくても美味しい贅沢ディナー。

フィリピンカテゴリの最新記事