星空とホタルとワインを求めて!子連れニュージーランド南北横断紀行

星空とホタルとワインを求めて!子連れニュージーランド南北横断紀行

今までオセアニアにはあまり興味がなかった。しかし、去年の社員旅行でニュージー
ランドに行ったスタッフが皆とても良かったと口々に言うので、初のオセアニア
へ行ってみることにした。

夏真っ盛りのニュージーランドは天気がとても良かった

フルーツもおいしい

バンジージャンプ発祥の地であるニュージーランドは、ダイナミックなアクティ
ビティが魅力の国だ。はたして2歳の子連れでニュージーランドを楽しむことは
できるのだろうか・・と出発前は不安があった。
旅を終えた今、自信をもってニュージーランドは子連れでもとっても楽しむことができる国と断言できる。
子連れでも楽しめるニュージーランドのおススメをご紹介したいと思う。


<美味しい食事とお酒>
子連れ旅行だって、美味しい食事も食べたいし、美味しいお酒も飲みたい!!でも街中のバーにはさすがに子連れでは行けない。そんな中、子連れでも行けるのがワイナリーだ。
郊外にあるワイナリーは、広大な敷地の中のテラスなどでお酒が楽しめる。ワイナリーに併設しているレストランもオープンな感じのところが多い。子供は広~ぉい庭で思う存分走り回れる。ワイナリーのレストランは食事が美味しいところが多いので、ランチがてらに行くのがおススメだ。
ニュージーランドワインは北島から南島まで国内全域でつくられている。国際的な評価も高い。昨今、羊の牧場がどんどんブドウ畑に代わっているらしい。ワインのほうがもうかるからだそうだ。ほとんどがオープンセラーで売れてしまうので、輸出量はかなり少ないそうだ。今回私は、南島のセントラル・オタゴのワイナリーを訪れた。クィーンズタウンから日帰りで行くことができる。

セントラル・オタゴで最も古いワイナリー ギブストン・ヴァレー 

お菓子をテイスティング

フランス・ブリュゴーニュの代表品種であるピノ・ノワールが有名

眺めの良いセントラル・オタゴのブティックワイナリーのBARRENAN

老舗のギブストン・ヴァレーのワインは少し高めだった。2軒目に行ったブティックワイナリーのBARRENANは白ワインが美味しかった。ワイも1本35NZDと良心的だ。ワインを2本買うと35NZDのテイスティング代金が無料になる。ブティックワイナリーのほうがカジュアルな感じで気軽に楽しめる雰囲気でよかった。
<アクティビティ>
子供でも楽しめるアクティビティをご紹介。
クィーンズタウンのスカイライン・ゴンドラのリュージュは、身長110㎝あれば大丈夫。操作は簡単でペーパードライバーの私でも楽々運転できた。絶景を見ながら斜面を滑り降りるリュージュはクセになる楽しさだ。

ヘルメットをかぶってやる気になっているけど、まだ身長が足りないからできない・・

ニュージーランドの最高峰マウント・クックをはじめ3000m級の名峰がそびえるマウント・クック国立公園には、南半球最大規模の全長24㎞にもおよぶ巨大なタスマン氷河が横たわっている。タスマン氷河は氷河湖をゴムボートで進む氷河湖ツアーが有名だ。しかし子供は、ゴムボートはNG。セスナ機に乗って、上空からタスマン氷河を見る遊覧飛行は子供でも参加OKだ。

ヘリコプターに乗って氷河の上に降り立つ遊覧飛行ツアー。山肌に沿って飛ぶヘリコプターのほうが迫力満点でおススメだ。

<大自然>
2歳の娘は、ニュージーランドに旅立つ1週間ほど前から突然「となりのトトロ」にはまった。毎日のように「トトロ見る!」といってDVDにノンストップで見入っている。今年の春に訪れた伊豆のトトロミュージアムでは、巨大なトトロやネコバスをめっちゃ怖がっていたのに、なぜか急にトトロ好きになった。今回のニュージーランドの旅行でも移動中はトトロをずっと見て静かにしてくれたから助かったのだが・・・そんなジブリ好きの娘と今回訪れたニュージーランドは、ジブリ作品に影響を与えた国の一つだ。
ワイトモ・グロウワーム鍾乳洞のツチボタルの光は、ラピュタの飛行石の洞窟のモデルになったといわれている。ワイトモ・グロウワーム鍾乳洞はマオリ族が管理している。マオリの人々には神聖な場所だ。
鍾乳洞といえば、水が多くて水滴がポツポツ落ちてくるイメージだが、ワイトモ・グロウワーム鍾乳洞はカラっとしていた。そんな洞窟で肩に水が垂れると幸運が訪れるらしい。
鍾乳洞で最も深い場所からボートに乗ってツチボタルを見に行く。ボート乗り場へは、徒歩で急斜面を下っていくので、子供はちょっと注意が必要だ。
ボートに乗ったら会話は一切NG。ツチボタルの幼虫はとってもデリケートなので、物音や光を感じると光をとめてしまうらしい。もちろん洞窟内の撮影は一切NGだ。ツチボタルの幼虫が放つ青白い光が天井一面を覆う幻想的な光景は、息をのむ美しさだった。まさしくラピュタの世界!

20人乗りくらいのボートをマオリ族の船頭さんが手で漕ぐ

ちなみに、ニュージーランドで見られる顔だけが白くて体が真っ黒な牛は、千と千尋の神隠しの「カオナシ」のモデルになっているらしい。
そして今回の旅行で楽しみにしていたテカポの星空ツアー。このツアーは、あいにく子供は参加できないので娘はお留守番。テカポ湖には2泊したので母と交代で参加した。見たかった南十字星をはじめ、星は見えたのだが、満月に近い日だったので月明かりで残念ながら期待していた真っ黒な夜空に輝く無数の星空は見えなかった。月明かりの明るさにはほんとうに驚いた。月明かりで自分の影ができるなんて体験は東京ではできないから、特別な体験ができてよかったことはよかったのだが、やっぱり天の川が見たかったー。

テカポ湖の周りにはルピナス畑が広がっている。小さな子供と散歩をするにはうってつけ。

今回の旅行で一番良かったのが、マタマタのホビット村だ。東京ドーム35個分の大きな農場に40個のホビットの家がたっている。映画で見たそのままのホビットの世界に浸ることができる。洗濯物が干してあったり、川で釣った魚が干されていたり、細かい演出がいたるところにされていて楽しい。どこもかしこも絵になる風景がひろがっている。
世界各国から映画ファンが訪れる人気スポットなので、予約は早めにしたほうがよいでしょう。

90㎝の子供にぴったりサイズのお家






最後に今回泊ったホテルをご紹介。

Matakauri Lodge ワカティプ湖に面して建つロッジ。クィーンズタウンの街からタクシーで10分。

美しい山と湖を見ながら食事ができる

ロッジのホワイトオムレツは絶品♪

テカポ湖に面して建つペッパーズ ブルーウォーター リゾート。

善き羊飼いの教会までは徒歩で15分。

部屋にキッチンがついたメゾネットタイプの部屋がおすすめ。ホテルの目の前にスーパーマーケットがあり便利。

タウポ湖Huka Lodge 

子供連れなので、個室でのディナーを用意してくれた

個室は2つある

旬のアスパラは超おいしぃーーー♪

広い敷地内には美しい川が流れる

魔の2歳児との旅行はどうなることか不安でしたが、何事もなく今回もお天気に恵まれ
素敵な旅行になりました。


テカポ湖 ★★★★ ニュージーランド一番の星空は感無量です。
ホビット村★★★★★ 映画ファンも映画を見ていない人も楽しめます。
(2017年12月 崎由香里)
このエリアへのツアーはこちら

オセアニアカテゴリの最新記事